知り合いの写真展に行ってきました。

 

色んな意味でとても勉強になりました。

というのも、あんまりこういうのには行った事がなくて、写真をただ写真として終わらせていた自分の「写真」の価値観を覆したからです。

ただの写真ではなく、場の雰囲気、照明、空間、周りの人間などの環境。写真のサイズ、額、紙の質感、位置、並び。それを全てを合わせての作品だという事を感じました。

作品にどのカメラで撮ったのか、何のフィルムを使ったのか、どの紙で印刷したのかが書いてあったのですが、紙一つでもたくさん種類があり限りなく底が深い。絵画、イラストと比べて写真は、小さい部分のこだわりの闘いなのかな、とも思いました。

例えば


を見れば一瞬で鳥山明が描いたんだな。ってわかるけど、

写真は一瞬みてもコレはこの人が撮った。とかはわからないと思います。瞬間的にわかるのは蜷川実花くらいでしょうか。

だからどこに個性を出すかとなると、ザラつきなどの質感だったり色味だったり色々するわけだけど、そういうところをこだわるとどうしても玄人のこだわりみたいになってしまう。

難しいな。でもだから需要も多いんだろうな。

いい刺激になりました。自分も個展絶対やろう。うん。


[fblike]



unde_icon"

 「世界にひとつ」を、あなたに。
  一点物Tシャツブランドundetroze
  ONLINESHOP:undetroze.com

デザインポートフォリオ : p.reomsd.com