神様を見た現場

そういえば、4年くらい前に神様を見た。

それは渋谷からバイクで帰ってる時、

代々木上原駅を超え環七までの井の頭通りだった。

 

信号が多いこの道に僕のバイクの前にスクーターが走っていた。

スクーターは30歳前後の男だった。陽気に鼻歌をうたってた。

 

信号は赤だった。スクーターはスピードを緩めなかった。

そして信号を見ていなかった。

信号の手前まできた。一向にスピードを緩めなかった。

信号の真下、信号無視だと思った瞬間、青に変わった。

 

次も赤の信号を真下で青に変えた。

スクーターは顔色一つ変えず、一度も信号を見ず、鼻歌を続けてた。

 

環七までの信号、それを繰り返した。

僕は信号につかまり環七から見失い消えてしまった。

 

僕は神様だと確信した。

だが真面目に問うても馬鹿にされると思い人に言ってこなかった。

 

でも似たような事を体験していた人がいた。

曽我部恵一だ。

 

彼が見たのは天使だったが、

僕が見たのは神様だった。

 

そういえば、その日からそこは聖域になった。



 

 

 

 


[fblike]



unde_icon"

 「世界にひとつ」を、あなたに。
  一点物Tシャツブランドundetroze
  ONLINESHOP:undetroze.com

デザインポートフォリオ : p.reomsd.com