世界のYAMAHAが生み出した初音ミク。

初音ミクってどうやって説明したらいいの?ロボットの声、合成してメロディを成形できるソフト。

正直、初音ミクの声は嫌いだし、ああいう絵も全然興味ないんだけど、この初音ミクから生まれる文化が物凄い。

元々クリエイトのポテンシャルの高い日本人。その割にコミュニケーション能力の低い日本人。引きこもりの、アスペルガー体質の多い日本人。

作曲能力はあっても歌ってもらう人がいない。自分じゃ恥ずかしい。友達がいない。

そんな日本で初音ミクの登場。一番要のヴォーカルを自分で作れちゃう。革命。隠れた才能を持った人がどんどん作曲をしていく。

それで歌に感動、自分でも歌ってみたいって人が多く「歌ってみた」で初音ミクの代わりに歌う。

さらに、音も、別ヴァージョン、アコースティックバージョン、リミックスで派生していく。

「歌ってみた」だけじゃ留まらなく「踊ってみた」って振り付けまで考えていく。PVまで作っちゃう人もいる。

たった一つの作品から凄まじい数のカヴァーが創作されていく。さらにYOUTUBEから外人さんが真似して拙い日本語で歌ってる。もう感動の領域にまで達する。

これって今までにない、全く新しい日本発祥の「文化」じゃないかなって思う。

 

正直、初音ミクの曲で、好みの曲は全然無いんだけど、それでも大好きな曲ももちろんある。

 

その中でも「古川本舗」という古川Pを中心としたクリエイター集団がめちゃめちゃ大好きだ。

まずは古川本舗の「ALICE」

原曲。歌詞がめちゃめちゃ素敵。淡々と進む感じがかっちょいい。

 

 

ほんで男がアコースティックで歌ってるやつ。めっちゃ落ち着く。かっこいい。

 

 

女がアコースティックでしかも英語。

 

 

ALICEの中で一番好きなやつ。音がすげーチルな感じで声もロボットらしい。めっちゃドープでヘロイン系。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あともう一曲、古川本舗の「スーパー・ノヴァ 」

原曲。原曲自体はぶっちゃけそこまで過ぎじゃない

 

 

 

たぶん自分さんが歌ってみたやつ

 

 

 

弾き語り

 

 

 

これまた弾き語り

 

 

mu-cho Remix

 

 

とまあ、ざっとあげただけでも素敵なのがいっぱいあるんです。

ひとつの曲に、ここまで色々なヴァージョンがあるのってすごい。めっちゃ楽しい。それに素人からセミプロ、プロまで幅広いからそれもそれで面白い。

 

 

で、これって、何かに似てるって思いませんか?

そう、落語です。

落語に似てるんだよ。同じ作品を、演者によって違う風に見せる。その部分を楽しむという文化。

まあ広くはヨーロッパのクラシックとかも似たような感じだけど、ハイクオリティーだけじゃなくて、落語っていうのは、落語っていうか笑いっていうのは、スベリ芸や素人芸というのもあるくらいだから、素人がやるのも十分作品になっちゃうんだよね。そこが、日本クオリティの最新ジャパニーズカルチャーなんじゃないかなって、最近そう思いました。

 

古川本舗は、もっと好きな曲があるんで、それはまた今度紹介したいなーって思います。


[fblike]



unde_icon"

 「世界にひとつ」を、あなたに。
  一点物Tシャツブランドundetroze
  ONLINESHOP:undetroze.com

デザインポートフォリオ : p.reomsd.com